嵐に日々感謝する毎日。
嵐の精神的支柱の智くんファン。
山コンビも大好き。
これからも嵐を応援してついていきます。
お友達、コメント大歓迎です☆
大変申し訳ありませんが初めての方は、
必ずプロフィールに目を通してくださるとうれしいです。
お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

※7月3日コメント返信致しました!
皆様、コメント返信が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
いつも感謝しております。

震災に遭われた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
<< VS嵐〜最強王者決定戦〜。 | main | ネプリーグ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


拍手する
| - | | - | - |
ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO 10。
はい!ということで、今回はRe(mark)ableからa Day in Our Lifeまでです。
今回もまた、暴走しちゃってます。
何と言ってもまたあの大好きなコンビのこともありましたし(んふふ)。
なので、お付き合いくださる方はどうぞ読んじゃってくださいね(´▽`)。

JUGEMテーマ:

それでは、感想を書きます☆

・Re(mark)able
もう、最初に一言。

かっこいい

この言葉でしか言えない気がする曲ですね。
ほんとに曲、歌詞、演出全てが好きすぎるものでした。
そして、最初はモニターからの嵐さんたちの言葉。
まず、にの。

数々の歴史があり、人々の熱き思いや
声援が木霊する国立競技場
1999年にデビューした僕たちが
今ここで、このタイミングで
この舞台に立てるとは
夢にも思ってませんでした
今年は五大ドームツアーをして
たくさんの人たちと時間を共有し
喜びや感謝の気持ちで一杯なのに
さらにこの国立競技場で
コンサートができることを
心から光栄に思います


と語ってくれました。
このとき、もう涙が。
コンサートでも感動していましたが、またこうしてDVDで観ても感動しちゃいますね。
にのの言葉がとっても心に響きました。

翔ちゃん。
世界中の人々が
熱狂と興奮に包まれた北京オリンピック
そこには多くの喜びとそして感動がありました
それは日々の努力を積み重ねてきたアスリート
そして、オリンピックという
長い歴史があってからこそのこと
まもなく10年目を迎える僕ら嵐は
あの感動に負けないくらいの
いや、それ以上の大きな喜びを
皆さんに与えていきたいと思います


そうだよね。
この国立競技場は東京オリンピックが行われた場所。
そうすると、翔ちゃんはこの年に北京オリンピックでの日テレメインキャスターでしたから、
語らない訳がない。
むしろ、翔ちゃんが語るからこそ重みが増す気がしました。
そして、最後のファンへのメッセージがまた泣けました。

智くん。
ここ東京から始まり、台北、ソウル
上海へと続くアジアツアー
嵐が、これまで以上に大きな嵐を
巻き起こす時がきました
前回のアジアツアーより成長した嵐
10年目を充実した一年にできるよう
嵐5人、力を合わせ
アジアツアーを成功させます
」 

智くんは主にこれからのアジアツアーについてのこを語っていますね。
私は「嵐5人、力を合わせ」の言葉にグッときちゃいました。
やっぱり、嵐は5人だから。
誰一人欠けることなく、これから10年目という節目に向かってほしいなと思いました。

相葉ちゃん。
そして、アジアツアーを機に
新たなスタートを切る僕ら嵐は
もう一度、それぞれの胸に
これまで以上に熱き火を灯し
その熱き火を皆さんへと
宿していきたいと思います
さらに、聖火の如く
ここで灯した火をアジアへとつなぎ
大きな嵐になって、いろんなことを吸収して
巻き込んでいきたいと思います


その言葉を聞いて、このとき私は安心して「行ってらっしゃい」と言えるなと実感しました。
ここで灯した火をアジアツアーへとつなぐことは、もうわかってるから。
その言葉通り、大きな嵐になり、いろんなことを吸収して、
無事に日本に帰ってきてほしいなと強く思いました。

最後は松潤。
日本を旅立つ前に
みなさんに伝えておきたいことがあります
今まで過ごした時間を大切に
今までずっと応援していただいた日々の感謝を胸に
これからも皆さんとずっと一緒にいることを誓います
今の嵐、これからの嵐をこの曲に込めて
(指を舐めながら)Re(mark)able


このとき、

キャ―――――――――――――――――!

と叫ばざるを得ない!みたいな?
ほんとにもう、ドキドキの連続でした。
最初に

これかも皆さんとずっと一緒にいることを誓います

と松潤が語ってくれたときは叫びながらも涙が。
そう語ってくれたことはファンとしてほんとにうれしい。
それに、改めて一緒にいれることが幸せだと実感しました。
そして、最後の指を舐めながらのRe(mark)ableは鼻血が出ちゃいそうなくらい、
素敵でした。
もう、見惚れちゃうくらいでした。
でも、そんな見惚れる時間もなく…。
イントロが流れて、火がだんだん聖火台へと近づき、

嵐さん登場!

皆さん、赤を貴重とした衣装でまた曲と合っています。
このとき、5日は初めてじゃないですか。
だから、「やばい!すごい!」しか言ってなかった気がする。
とにかく、聖火台で何かをするのかな?とは思っていたんですが、
それがほんとになると驚きがすごかったです。
あの登場の仕方はかっこよすぎて、いけませんね。
また、歌い始めるとよりかっこよさが増します。
ここで、細かくツボを言いますと、
まず松潤の

おっととと止まらない

が観れて、聞けて感動したのをよく覚えています。
すごい印象的な歌詞じゃないですか。
だからね、松潤がどういう風に歌うんだろう?と気になったのですごい集中して観てたかもしれない。
そして、2番歌詞になり、

この五つの輪がまた集まり

のときの翔ちゃんが左に居るメンバーを指差して歌うのも好き。
この「5人だからこそ」という思いがジワジワ伝わった気がする。

遠のく闇の中からきらりきらり光り出すここ東京の中心から
またも陽が昇る


の智くんが大好きすぎる。
ここはね、CDで聞いてるときも好きだったんですが、
この国立競技場で観てからまた好きになったんです。
まず、

きらりきらり

の歌い方がすごく好き。
なんか、色っぽい。
そして、中心からのときの踊り。
ここがね、すっごい

好き

です。
あぁ、もうかっこよすぎてドキッとしちゃったよー。
そして、私が1番印象的で大好きだったのは、間奏での踊り。
縦1列に並んで、

櫻井
松本
相葉
二宮
大野

こんな感じで並んでの踊りがたまらなかった。
参加させていただいたときはね、やっぱり智ファンですから智くんを中心に見ていまして。
だから、すごく覚えていました。
あぐらをかいて踊る智くんに

かっこいい――(*´Д`*)――!

と叫んだもの。
で、DVDが発売してうれしいことはその観れなかったメンバーの踊りも観れるからうれしかった。
ほんとにね、嵐さんんはこういう5人での連携した踊りが上手いなと思います。
昔からずっと一緒だからかな、ほんとによく合ってるなと毎回思います。
なんかね、嵐さんって1人1人がもちろん踊りが上手いの。
それはよくわかってるかもしれませんが、

5人での踊り

になると、その上手さがより際立つ。
5人でしか魅せられない踊りを魅せてくれた。
そう思いました。

そして、

狂乱の渦に包まれているかの様な

のときのにのの両手を前に出してギュッと合わせて握り、目をつぶるのがかっこよすぎる。
声がまた低くてドキドキするのー。

天を引き裂く音がただ耳に残った

このときの相葉ちゃんの手を耳に当てたのも好きでした。
また、にの同様声が低くて素敵過ぎる。
相葉ちゃんってほんとラップのときは声が低くなるから、すっごいセクシーに感じるんだよなぁ。

そして―――!

"研いだ爪隠し牙をむく"

からゴンドラが下に下りていく。
もう、

キャ――――Σ(゚д゚)――――!

しか言えないよ。
また、翔ちゃんの「研いだ爪」のときに、親指を口に当てる姿も

クラッ(倒れる寸前)

ときてしまいますね。
かっこよすぎてね笑。
「東京」で叫ぶ翔ちゃんもまたいいです。
なんか、「これから10年目だ」という強い思いが伝わってくる感じ。
そして、ゴンドラから下りて、センターステージに歩く嵐さんたち。

"研いだ爪隠し牙をむく"

での踊りがまたやばいっすね。
あれは、自分たちの手を「牙」という風に表した踊りなんでしょうね。
ほんとに踊りまでも意味があるのが改めてすごいなと実感しました。

・truth
この流れです。
前々から言っていたRe(mark)ableからtruth。
ここで私、ほんとに

鳥肌が立ちました。

もう、初めてでしたね。
コンサートで鳥肌が立つってね。
それくらい、この流れ。構成がすごいと思ったんでしょうね。
そして、またこのとき魔王が放送中ですから、どうしても

成瀬さん

を思い出してしょうがなかったですね。
その成瀬さんもとい智くんの最初のソロがかっこよすぎてしょうがなかったです。
また、照明とモニターが魔王を意識したものでスタッフさんのすごさも改めて感じました。
そして、間奏終わりでの智くんソロ。

迫る真実

思わず、

綺麗

と言っちゃいました。
このときの表情がすごく綺麗なんです。智くん。
ただ、最後まで映してほしかったなって思うんです。
最後は横顔ってー。
と思いながらも、その横顔にも見惚れちゃっていました(うっとり)。
ほんとに改めてね、国立で聞いてからtruthを好きになりました。
コンサートで聞くのはここが初めてだったし、
何よりファンの方々の歓声はここが1番でした。
多分、参加した皆さんは絶対そう思います。
それぐらい、良い曲だなと思いました。

・Step and Go
この曲もはずしちゃいけない!
Re(mark)able、truth、Step and Go。
この流れは最高だと思います。
そして、

2008年代表曲!

が揃ったなと思いました。
また、この曲は花道で踊るのがまた観ててうらやましかったな。
縦1列になって踊るとこなんて、
普段ならあんまり観れないとこだもん。
それが近くで観れるなんて、いいなーって(あは)。
ただ、1番後ろの智くんはあまり観えなかったけれども
そして、サビ前に智くんソロでの、

ファンを見ながら笑顔で熱唱

ここが好きでした。
やっぱりファンを見ているときの智くんの表情が大好き。
いつも柔らかいんですが、いつも以上に表情が柔らかくなるもの。
その表情を見れるだけで幸せです。
そして、翔ちゃんラップから反対方向への花道へ歩いて行く嵐さんたち。
もう、まさにここが私の中で強烈に覚えていたとこです!!
並びは、

相葉二宮松本大野櫻井

もう、この並びだけでわかるよね。
もちろん、あのコンビゴトです。

翔ちゃんが歌いながら後ろを向く

その翔ちゃんに気付いた智くんがちょっとおどけた顔をする

アイコンタクトの山コンビ――!

そして、

噴出して笑いながらラップを歌う翔ちゃん

ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

↑これだよ。これ。
もうやっちゃうよね。これを。

もう、ここを参加させていただいたときにバッチリ確認していまして。
5日もね、ちゃーんとアイコンタクトありましたよー。
だから、2日間共山コンビはアイコンタクトをしていたのです。
もう、

(*´ -`)両思い(´- `*)

だよ。
山コンビ!(ほんと暴走しちゃってごめんなさーい)。
で、是非ともここをアップにして収録していただきたい!!
と思っていたので観たときは相当

喜びました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

だって、うれしかったんだもーん。
山コンビのアイコンタクトが観れて☆
また、2人共、

お互いを見る目が優しい!

ここだけで、参加させていただいたときは腰砕けになりそうだったもの(あはははは)。
ほんと山コンビゴトには目がない私でした笑。

そして、このあともまだあるの。
智くんソロに入り、最後の「両手に」で

両手を広げてポーズ

の智くん。
んもうっ

かわいすぎるだろ―!

このときもすっごく覚えています。
だって、超かわいかったんだもん。
また、あの足の組み方も大好きですし笑。
そして、また気付いちゃった私。
何かと言うと、もちろん山コンビゴト。
その「両手に」でポーズをした智くんを後ろで

満面の笑みで見る翔ちゃん

ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

↑2回目。
これは珍しい!2回もこれが登場するなんて!笑。
ほんとにほんとに翔ちゃんって智くんのこと

大好き

だなぁと改めて実感した瞬間でした。
だってね〜すっごい見る目が優しいんだもん!
確か、5日もちゃーんとこの感じがありましたよー。
2日間で山コンビゴトが観れて幸せでした☆
はぁぁ。ここだけで2度も山コンビゴトがあって

あわわわわわわ(((( ;゚д゚)))

と慌ててしまいました。
それと同時にうれしくってしょうがなかったです。
ほんとにほんとに感謝です。

・a Day in Our Life
もう、この曲は嵐コンサートでは

定番曲!

ですよね。
嵐さんとのC&Rが楽しくってしょうがない曲です。
それに、改めて嵐さんと一緒に楽しむことが出来る曲。
そして、この曲で上着を脱ぎます。

ここではね、まず松潤と智くんですよ。
メロディ担当の2人は必ずくっつくんです。
もう、そこを期待して観てたんですが、期待以上のものでした!!(興奮中)。
カメラを指差した松潤は隣にいる智くんにそのカメラの位置を教えてあげる。
それに気が付いた、智くん。
そして、

松潤と智くんでカメラに向かってピース

このとき、

最高にかわいい!

ほんとにかわいすぎる。
しかも、松潤って智くんにはよくくっつくからまたうれしい。
また、このときの松潤の最高の笑顔がたまんないね。
智くんはちょっと呆けた顔にも観えるけれども笑。
そんな顔もかわいかったです。
そして、間奏に入ると松潤は次がソロ曲があるためハケます。
その間奏での翔ちゃんとのC&Rは

嵐ファンだからこそ!

のものですよね。
ほんと、この曲で出来るからこそまた楽しさ倍増!と言った感じでした。
そして、松潤が居なくなったので、メロディ担当は大宮に。
でも、智くんはフェイク担当ですから、にのだけがメロディかな。
私ね、この曲でもう1つ好きなのはこの

智くんのフェイク

ラップ、メロディ、フェイク。
この3つが合わさった曲じゃないですか。
ラップが1番大きく聞こえるというのはしょうがないですが、
1人で、こうしてフェイクを歌ってね、それも

美声

で。
よく聞こえるんですよ。
改めて、智くんの歌の上手さに驚愕を受けた瞬間でした。


とまぁ、今回はここまでにします。
また、長くなっちゃった(あはは)。
もう、ここは語りたくてしょうがなかったですからね、いっか(自己完結笑。)

それでは、また次も頑張って書きますので、
お付き合いくださる方はよろしくお願いします。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました☆
拍手する
| ARASHI AROUND ASIA 2008 | 09:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

拍手する
| - | 09:42 | - | - |
COMMENT
歩美さん、こんにちわ。
9,10一緒に読ませていただきました。

それで、読んでいるうちにまた、観たくなっちゃった。
MCも翔くん、ニノ、大ちゃんが、息がぴったりで面白すぎ、かわいすぎなのは、もちろんなんだけど、潤くん今回キャラが立っていて絶好調でしたね、なかなかあんな潤くんお目にかかれないわって思いました。
それに、相葉ちゃんはホントに優しい。

Re(mark)ableからの流れは、ホントにかっこよすぎですよね。
もちろん、個々も歩美さんが書いているとおり!なんだけど、構成そのものが本当にかっこよかったですよね。
そして、その中でも特にステゴーはあの縦一列で踊るところ、どこをとってもツボ満載だし、かっこいいし・・言うことなしですよね。

また、続き楽しみにしています。

| タルタル | 2009/04/14 5:29 PM |
タルタルさん、おはようございます☆

9、10と読んでくださってありがとうございます。

あわわ。
読んでくださってからまた観たくなっちゃいましたか!?
うれしい限りの言葉です〜。
そうですね。
MCではにの、智くん、翔ちゃんのかわいさは抜群で、
松潤の珍しいキャラ設定の神出鬼没には驚き(あは)、
相葉ちゃんは1つ1つに頷きをしているその表情の優しさ。
ほんとにMCだけでも嵐さんっていいなぁと改めて思いますね。

ですよね!
Re(mark)ableは構成上の演出でも、曲でも、踊りでも、歌詞でも。
どれをとってもかっこいい!
その流れでくるtruth、Step and Goも最高です。
またStep and Goでの1列になるとこも、
嵐さんならしかできない踊りだと思うので、
観てて素敵ですよね!

はい!ありがとうございます☆
またお時間がある際には是非続きも読んじゃってくださいね♪


| 歩美 | 2009/04/15 8:13 AM |
COMMENT FORM









この記事のトラックバックURL

http://arashi61126.jugem.jp/trackback/501
TRACKBACK

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
果てない空 果てない空(初回限定盤)(DVD付) Dear Snow Dear Snow(初回限定盤)(DVD付) 怪物くん DVD-BOX 僕の見ている風景【通常盤】 僕の見ている風景 【初回仕様盤】 To be free【通常盤】 Monster(初回限定盤)(DVD付) Monster ARASHI Anniversary Tour 5×10 [DVD] 最後の約束 [初回限定版] [DVD] Troublemaker 【初回限定盤】 (CD+DVD) Troublemaker 【通常盤】 (CD) 0号室の客 DVD-BOX1 (3枚組) マイガール【初回限定盤】 マイガール【通常盤】 5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009 [DVD] All the BEST! 1999-2009(初回限定盤)(CD3枚組) All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組) Everything(初回限定盤) Everything(通常盤) 魔王 [DVD] 歌のおにいさん [DVD]


MOBILE
qrcode
mail
いつもありがとうございます!
カウンター
現在の閲覧者数:
Cotegory by ARASHI PEOPLE
SEARCH THIS SITE
OTHER