嵐に日々感謝する毎日。
嵐の精神的支柱の智くんファン。
山コンビも大好き。
これからも嵐を応援してついていきます。
お友達、コメント大歓迎です☆
大変申し訳ありませんが初めての方は、
必ずプロフィールに目を通してくださるとうれしいです。
お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

※7月3日コメント返信致しました!
皆様、コメント返信が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
いつも感謝しております。

震災に遭われた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
<< 朝ズバッ! | main | 明日のはなまるカフェ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


拍手する
| - | | - | - |
ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO 12。
はい!ということで、今回はHip Pop BoogieからA・RA・SHIまでです。
今回も私なりの感想で長いです…(あはは)。
それでも、読んでくださる方はどうぞよろしくお願いします☆
それでは、続きから読んじゃってくださいね!

JUGEMテーマ:

それでは、早速感想を書きます!

・Hip Pop Boogie
最初に言わせてください。

大好きです!

もう、何度聞いた、観たかわからないくらい好きすぎる1曲でございます。
この曲が収録されているアルバムが発売されてから、約1年。
発売されたときからずっと好きですが、また国立競技場のを観てより好きになりました。
私の中では、

最高の1曲

なんです。
智ファンなんですけれども、自分の好みの楽曲ならば翔ちゃんとものすごく合うんです。
ただ、今までの中のソロだと

これが1番!

です。
曲もいい、歌詞もいい。
歌詞なんて文章だけで読むと

涙が・゚・(ノД`;)・゚・

そんな感じ。
でも、翔ちゃんらしくラップに乗せて歌うとまた格別に素敵になるんですよね。

そして、国立競技場では、

三日月

が最初に映るんですが、こんなにも綺麗だったんだなぁって。
やっぱりコンサートに参加させていただくとね、嵐さんにしか目が行かなくなるものですから。
だから、こうして綺麗な三日月がいたことを改めて知りました。
その三日月から、

翔ちゃんのアカペラ

んんんー。
全身が身震いしたよ。
先程言ったとおり、絶対曲に乗せて歌うじゃないですか。
でも、文章みたいに読むと泣けるんです。
だから、アカペラってちょっと文章を読むみたいに聞こえるじゃないですか。
ほんとコンサートのときは、翔ちゃんを観ながらうるうるしていました。
センターステージで、衣装は五大ドームツアーと全く違う衣装。
私はこっちの方が断然好きです。
特に、あのチェックのネクタイを緩ませてるのなんて…んふふ。
翔ちゃんらしい衣装だなとも思いました。

そして、アカペラが終わり曲が流れていよいよ翔ちゃんのSHOWが始まります。
翔ちゃんは他メンバーと違うところは、

C&R

が多いこと。
一緒にファンの方々と盛り上がろうというスタンスがありますよね。
他のメンバーはほとんどが魅せてくれる演出。
でも、翔ちゃんは一緒にというスタンスがまた楽しませてくれますよね。
このそれぞれの個性がまた嵐さんの良さですね。
最初の

Say!U・A・UUA

がたまらなく好き。
ほんとコンサートのときは叫びすぎた。
それくらい、一緒に翔ちゃんと楽しみたかったんです。
そして、歌が始まり、やはり次はあそこですよね。
このメンツです」と翔ちゃんが後ろを指差すと

モニターに4人!

これは五大ドームツアーから続いている演出ですね。
ただ、五大ドームツアーとは映像が違うので、また国立のために撮影された模様。
これさ、コンサートのときはやっぱり智ファンなので智くんを観ちゃうから、
3人が観れないのよね。
だから、こうしてDVDになってくれてほんとに感謝。
だって全員観れるんだもん。
こんなことしてたんだーってね。
そして、考えたらこのとき4人全員、

私服

だよね?
何故かわからないけれども、こういうところは緩いのが不思議だわ(あははは)。
4人共かわいいんですが、最後に

目元の近くでダブルピース

の相葉ちゃんがかわいすぎた。
ほんと相葉ちゃんにダブルピースしてもらうと、うれしい。
私の中ではにのあいがダブルピースは似合う!と思っていますからね笑。
そして、サビが終わり、
こんな景色まで見られるなんて」の歌詞を歌っているときの翔ちゃんの

会場全体を見渡す

その表情が好き。
うれしくってしょうがないというか、
ほんとに「ここまで来たんだな」と改めて実感し、感動している様子に観える。
そのあとに映し出される会場の広さは、また翔ちゃんの歌詞とリンクしてて感激する。
この曲を作ったときには、国立競技場で歌うとは思っていなかったのかはわかりませんが、
このHip Pop Boogieは五大ドームツアー、国立競技場を踏まえて作られた曲みたいだなって思いました。

そして、2番の歌詞に入り、
きっとずっと一方通行」の歌詞の「一方通行」のときの



がまた野外だからこその演出が加わっていて、とても素敵でした。
また、気持ちよさそうなの。翔ちゃん。
それに、風はね嵐さんの一部ですから。
一緒に共演できて、うれしそうでした。
そして、最後のサビの歌詞だけ、
Somebody(yeah)Everybody(yeah)」が、

俺なら(yeah)俺らなら(yeah)

今時代が手の中に(yeah yeah)」が、

きっと時代は手の中に(yeah yeah)

に変わっているのが

泣いた。

翔ちゃんからの国立だけでのメッセージだと私は受け取りました。
ほんと、翔ちゃんの言葉にはいつも感動してしまいます。
メンバー、家族、スタッフさん、ファンの方々、周りにいる全ての人たちに対しての思いが、
全てこの曲の歌詞に詰まっているなと改めて実感しました。
そして、最後だけ踊り、キメポーズで終わる翔ちゃんは

かっこよすぎました。

ほんと、アルバム自体でも、五大ドームツアーでも、国立競技場で聞いても、観ても、
大好きです。
翔ちゃんのメッセージソング。
心からありがとうと伝えたいです。

・theme of Dream"A"live(メンバー紹介)
ここもよく覚えています。
この演出は五大ドームツアーと変わらずですが、
ただバンドの皆さんと少しジュニアの皆さんが増えたくらいですね。
そして、嵐さんは何が良いかというと、
こういう一緒に盛り上げてくれる方々の紹介がちゃんと1曲の中にあるということ。
また、バンドの皆さん、ジュニアの皆さんがとっても

楽しそうな表情

が観ててうれしい。
そして、嵐さん紹介。
ここからは相葉ちゃんが紹介。
さぁ!ここから嵐のメンバー紹介いきまーす!
まずはこいつ!松本潤!


Tell me what you wanna be?のアレンジがバックで流れながら、

指を舐めてセクシーな表情

んきゃ―――(゚∀゚)―――!

もちろん叫びます。
(ただ、五大ドームツアーのときは花男Fの公開前だったから、そのチラシをカメラに見せてました。)
だってねー、叫ばないとやばいもの。
こういうところが松潤のすごいところです。
一気にファンを魅了しちゃうんだもん。
はぁ。ドキドキしすぎていけないや。

続いて、
イエー!続いて、嵐のマジック王子行くか!二宮和也!

と相葉ちゃんに紹介されてるときに照明が当たっていないなかで、
ファンの方々に向かってお辞儀ばかりするにのがかわゆい。
そして、虹のアレンジがバックで流れながらマジック披露(これ五大ドームツアーでも同じでした)。

またすごいよね。
ダイヤの10がすぐにクローバーのエースに変わるんだもん。
んもう、

(゚ロ゚;)エェッ!?

と驚いてしまいました。
どーしてもマジックってよくわからないんだよなぁ。私。
ほんと器用な方は出来るんだろうなぁ。だから、にのは上手いんだ!
そして、そのマジックをしたあとの

「すごくない?」という表情

がまたかわいらしい。
もう、拍手しちゃったもん。

続いて、
さぁ、ここで登場するぞー!
嵐の秘密兵器ー、大野智!


キ――――――――タ―――――――――!

眼球リレー。

これほんとすごいよね。(五大ドームツーもこれでした!)
簡単に智くんはしているけれども、なかなか出来ないよ?
こちらも何でも器用な方ですから、こういうことも普通に簡単に出来るんですね。
ただ、ちょっと地味…(コラッ!)だなぁとも思ってしまいましたけれども、
このときの表情とそのあとの

おどけた表情

がかわいかったのでよしっと言った感じかな(んふふ)。

続いて、松潤が紹介。
続いて、うちのやんちゃ坊主ー!MASAKI AIBA!

相葉ちゃんは何をするのかなー?とコンサートのとき思っていまして、
五大ドームツアーではバク転だったからバク転と思っていたら、
Hello Goodbyeのアレンジがバックで流れながら

くっつき

だ――(゚Д゚≡゚д゚)――!!
もう、相葉ちゃんの一発芸ですよ笑。
また、このときに後ろで階段に座りながら、優しそうに見守る智くんが

おにいちゃん

みたいでよかった。
もう、相葉ちゃんのくっつきは何度観ても面白い。
すごい好きです。
また、そのあとの

Hello Goodbye

と言いながらの

首を傾げて満面の笑み!

はぁぁぁぁぁぁ。
と大きくため息。
だって、だって

かわいすぎるよ――(*´Д`*)――!

この人の笑顔は世界を平和にするよ!
と大きく捉えてしまった自分がいました笑。

そして、最後。
ラストー!キャスター&ラッパー!
SHO SAKURAI!


Hip Pop Boogieのアレンジがバックで流れながら

ここから翔ちゃんがラップで歌い、リズムを取るんですが、
その翔ちゃんに近づいていく4人やジュニアの皆さん。
このときの

みんなでリズムに乗っている

姿がすごく感動しました。
そして、翔ちゃんのラップが終わると、
原曲theme of Dream"A"liveが流れて、嵐さん、ジュニア踊り、バンドの方々は演奏。
なんかね、ここで

ステージ上のキャスト

全員でのパフォーマンスだなって。
これが嵐さんコンサートのエンターテイメントだなって改めて実感。

キャストがまたここで全員揃った!

と感じる瞬間でした。

・A・RA・SHI
もちろんデビュー曲は欠かせません!!
この曲が来るだけで一気にテンションが上がりますね。

嵐のコンサートだ――!

ってね(あははは)。
ここから、嵐さんそれぞれ散らばり、ファンの方々にファンサしたりなど。
やっぱりファンの方とのファンサというかコミュニケーションを取っているときの、

笑顔は最高!

ですね。
改めてそう思いました。
そして、間奏に入ったときの

聖火台の前に松潤

がすごくいい!
なんだか、ほんとに国立でコンサートしてて楽しいんだろうなぁと観てて思いました。
だってはじけるくらいの笑顔だったもんね。
最後。
この曲は何と言っても、最後の智くんソロで

ファンの方々が歌う

とこがたまんないよね。
まさしく嵐さんとファンの方々の一体感!
その歌声をじっくり聞きながら

うれしそうな表情

を浮かべる嵐さんたちを観ると、とってもうれしくなっちゃう。
大声で歌うよ!と思っちゃうくらいだもん。
また「for dream」での智くんの美声は変わらず素敵です。

改めてA・RA・SHIを聞くと、嵐さんの1番最初の代表曲!だなと実感しました。


とまぁ、今回はここまでです。
また、長々と書いちゃった(てへぇ←久しぶりに使った笑。)
いよいよ、終盤に近づいてきました。
ほんと語りたいことが多くて困ります(あは)。
続きもまた長々と書きますので、どうぞお付き合いの程よろしくお願いします☆

それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました。
 
拍手する
| ARASHI AROUND ASIA 2008 | 09:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

拍手する
| - | 09:26 | - | - |
COMMENT
歩美さんこんばんわ。
今さら季節はずれのコメントでごめんなさい。

ぽつぽつ読ませていただいていたんですが、今日1日でまた、MCから読み直させてもらいました。

結構な量だなって思うんですけど、でも楽しく読んじゃいますよ。
歩美さんの細かい(笑)描写が楽しくって、嬉しくってDVDが二度おいしくなるような感じです。


それにね歩美さんの方がファン歴長いじゃない?
だから、「そうなんだ」と思うこともありながら読んでいました。

re(mark)ablekからの流れはホントにスゴイ!かっこいい!しかでてこないですよね
山コンビごとにもうなずきっぱなし。

また、楽しみにきますね。


| タルタル | 2009/05/02 1:05 AM |
タルタルさん、おはようございます☆

いえいえ!
コメントくださるだけでとってもうれしいので、
どのエントリーにコメントしてくださっても構いませんよ〜。

あわわ。
MCから読み直してくださったんですね。
長々とまとまりがない文章なもので…恐縮です。
それでも、読んでくださったことはほんとにうれしいです。

ふふ。
細かいというか、もうマニアックが満載ですよね。
ちょっぴり暴走しがちになりつつあります(特に山コンビゴトは笑)。
DVDと一緒に楽しんで読んでいただけたのなら光栄です!

いやいやいやいや。
ファン暦はまだまだですよ〜。
それに参加させていただいた事実と、
参加させていただいたときのことはね、
今でも忘れられないのです。
だから、自分の思いと共に長ーく感想を書かせていただきました。
そのことがタルタルさんのお役に立てたのならば、
書いてよかったなーと思いました。

ほんとそう思います。
Re(mark)ableからの流れは、もうその言葉しか言えませんよね。というか、その言葉以外出てこなーい!
みたいな?(あはは)。
何度観ても飽きませんね。
山コンビゴトには暴走しがちなのですみません笑。

また、色んな感想を書いていきたいと思いますので、
これからもお付き合いの程よろしくお願いします。


| 歩美 | 2009/05/02 6:36 AM |
COMMENT FORM









この記事のトラックバックURL

http://arashi61126.jugem.jp/trackback/507
TRACKBACK

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
果てない空 果てない空(初回限定盤)(DVD付) Dear Snow Dear Snow(初回限定盤)(DVD付) 怪物くん DVD-BOX 僕の見ている風景【通常盤】 僕の見ている風景 【初回仕様盤】 To be free【通常盤】 Monster(初回限定盤)(DVD付) Monster ARASHI Anniversary Tour 5×10 [DVD] 最後の約束 [初回限定版] [DVD] Troublemaker 【初回限定盤】 (CD+DVD) Troublemaker 【通常盤】 (CD) 0号室の客 DVD-BOX1 (3枚組) マイガール【初回限定盤】 マイガール【通常盤】 5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009 [DVD] All the BEST! 1999-2009(初回限定盤)(CD3枚組) All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組) Everything(初回限定盤) Everything(通常盤) 魔王 [DVD] 歌のおにいさん [DVD]


MOBILE
qrcode
mail
いつもありがとうございます!
カウンター
現在の閲覧者数:
Cotegory by ARASHI PEOPLE
SEARCH THIS SITE
OTHER