嵐に日々感謝する毎日。
嵐の精神的支柱の智くんファン。
山コンビも大好き。
これからも嵐を応援してついていきます。
お友達、コメント大歓迎です☆
大変申し訳ありませんが初めての方は、
必ずプロフィールに目を通してくださるとうれしいです。
お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

※7月3日コメント返信致しました!
皆様、コメント返信が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
いつも感謝しております。

震災に遭われた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
<< 拍手のお返事。 | main | オトノハ Vol.35。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


拍手する
| - | | - | - |
スマイル 第10話。
「運命が動き出す!!-判決」。

JUGEMテーマ:

それでは、早速感想を書きます。

・花ちゃんの声
前回の最後では声が出ていたのにも関わらず、
自分の父親のことを言われてまた声が出なくなったんですね。
んー検察側が憎いと思ったよ。

・林さんの母親
私、この人が1番いい加減だと思う。
会ってはいけないと言われても、あのとき林さんから電話をして切ったのは事実。
あのとき電話を切ったりしなければと嘆く母親。
そんなのおかしいよ。
あのときが全ての発端だと考えてるこの母親がおかしいと思った。
小さい頃は母親が大きい存在だもの。
大きくて、強くて、優しくて。
でも、その小さい頃の気持ちが忘れられなかったのならば、
何で電話を切ったのか?
またその自分自身が息子を捨てた全てをビトさんに押し付けているような気がして嫌だった。
なんだか、ズルいと思ってしまいました。

・差別と偏見
一馬さんの言葉がグッと胸にきた。
一馬さん自身も経験しているという事実を知っているからだと思う。
だからこそ、重みを感じる言葉。
『差別』や『偏見』。
この言葉が無くなるときがくればいいのになと思った瞬間でした。
そんな言葉無しに世界中の人々が笑顔でいてくたらいいな。

・死刑か死刑回避か
酒井さん演じる柴田さんの言葉にも共感できる。
「人の命ってそんなこちらの都合で奪ってしまっていいものでしょうか
この裁判は過去の事件も含めわからないことが多すぎると思います
そんな段階で死刑を決めることはあたしには出来ません
あたしは死刑には反対です」

だから、今裁判員になることを恐れている人が多々いるんですよね。
自分の都合だけで、感情だけに流されて人の命を簡単に奪っていいものか?
それこそ、犯罪者と同じ行動をしているのかもしれない。
そう思うと怖くてしょうがないです。

そして、このあと判決は死刑。
ということは、最後の忍成くん演じる真田さんは死刑を選んだということ。

ただ真田さんの言葉にも共感できる。
「人間の真実は結局行動だと思うんです
口では何とでも言えるし、嘘をつける
だから真実は行動でしか示せない
2000年の殺人事件を彼が本当に反省しているなら
どんなことがあっても昔の仲間に近づくべきじゃなかった
でも彼はそうしなかった
昔の仲間を断ち切れず殺害に及んだ
その彼の行動が真実を語っているとすれば弁護人が主張するような事情は考慮したとしても
被告人は死刑が妥当だと思います」

行動が全ての真実を物語っている。
そうだよね。口では何とでも嘘はつけるもの。
ただ、行動で嘘はつけない。
だからこそ、行動こそが真実を示している。
そう裁判員は思わざるを得ないのかもしれない。
被告人の全てのこれまでの人生を知っているわけでもない。
被告人がどう生きて、どんな性格で…。そんなのわからない。

柴田さんは自分の感情で死刑回避を選んだ気がする。
でも、真田さんは感情ではなく被告人の行動で選んでいる。
その違いが死刑と死刑回避を選んだ違いだったのかもしれない。
ただ、あと1人で死刑回避になるのならば、
全ての真実を知っている私としては死刑回避に1票入れてほしかったなと思った。

・花ちゃんとおかみさん
花ちゃんはビトさんの判決を自分のせいだと思ってしまった。
すると、おかみさんは

「そんなことない
それは違うよ花ちゃん
ビトを支えてあげられるのは花ちゃんだけなんだから
だから頑張ろー!」

おかみさんの言葉に泣けた。
おかみさんは事件で夫を亡くしてしまったけれども、常に笑顔で前向きで誰よりも強い。
そんなおかみさんだからこそ、みんなの笑顔が町村フーズには溢れているんだと思う。
この人の人柄には救われると思った。

・ビトさんと花ちゃん
おりがみのぶたさんをビトさんに作ってあげる花ちゃん。
そのぶたさんは花ちゃんらしく、ずっと味方であるこを告げる花ちゃん。
花ちゃんはおかみさん同様笑顔で前向きで強い。
また、ビトさんの1番輝く光、差し伸べてくれる手だと思う。
だからこそ、2人が笑顔で話す日が来てほしいな。

・控訴
このみんながビトさんのために起こしている行動に対して、
追いついていかないビトさんの気持ち。
差別とか偏見ではなく、ビトさん曰く

1人の人間として僕は絶対にしちゃいけないことをしてしまった

また決め手としては林さんの母親が裁判で話した絵の話。
それは自分の幼い頃とリンクしたということ。
だからこそ、林さんが悪くなってしまった気持ちに共感が生まれてしまったビトさん。
同じような気持ちを持った人間を、自分が殺してしまったことに悲しむビトさんに泣けた。
でも、ビトさんは林さんのようにまた悪いことをする訳でもなく更正しようと町村フーズで働き、
大きな夢に向かって努力し続けたことが何よりの違いだと思うの。
だから、そんなこと言わないで。とビトさんに言いたくなっちゃった。

・刑事さん
あの悪い刑事さんも辛い出来事を経験していたんだね。
でも、だからといって冤罪事件を起こしたことには変わりない。
同情するのはしたくないと思ってしまった。

・花
ビトさんが運動場に咲いた花を掴んで泣く姿に号泣でした。
それはどんな気持ちで花を掴んで泣いたのか?
花ちゃんを思ったのか、はたまた花の生きる生命力を感じたのか。

・控訴取り下げ
ビトさんの意志は控訴を取り下げたい。
そして、

僕は死刑を受け入れる

何で。
何でその前には先程の花の小さな生命力に生きる力を見つけたのかと思っていました。
だからこそ、この言葉には納得がいかなかった。
ビトさんは悪いことは何もしてないとは言い切れないけれども、
これからを生きる、やり直せる時間はたくさんある。
そう思うからこそ死刑を受け入れることは何があってもしてほしくないと思いました。

・次回予告
最終回です。
どうなるのか?死刑が執行されるのか、されないのか。
私の意志としてはされてほしくないです。
もちろん全ての真実を知っているからこその思い。
ただ、ビトさんのこれからを見届けるためにも来週まで心して待ちたいと思います。


それでは、拙くまとまりがない文章で長々と感想を書かせていただきました。
ほんと申し訳ないんですけれども、ここまで読んでくださってありがとうございました。
拍手する
| スマイル | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

拍手する
| - | 17:25 | - | - |
COMMENT
COMMENT FORM









この記事のトラックバックURL

http://arashi61126.jugem.jp/trackback/671
TRACKBACK

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
果てない空 果てない空(初回限定盤)(DVD付) Dear Snow Dear Snow(初回限定盤)(DVD付) 怪物くん DVD-BOX 僕の見ている風景【通常盤】 僕の見ている風景 【初回仕様盤】 To be free【通常盤】 Monster(初回限定盤)(DVD付) Monster ARASHI Anniversary Tour 5×10 [DVD] 最後の約束 [初回限定版] [DVD] Troublemaker 【初回限定盤】 (CD+DVD) Troublemaker 【通常盤】 (CD) 0号室の客 DVD-BOX1 (3枚組) マイガール【初回限定盤】 マイガール【通常盤】 5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009 [DVD] All the BEST! 1999-2009(初回限定盤)(CD3枚組) All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組) Everything(初回限定盤) Everything(通常盤) 魔王 [DVD] 歌のおにいさん [DVD]


MOBILE
qrcode
mail
いつもありがとうございます!
カウンター
現在の閲覧者数:
Cotegory by ARASHI PEOPLE
SEARCH THIS SITE
OTHER